【緑化部】芝生の目土散布作業を行いました。

平成31年4月13日(土曜日)、芝生の目土散布作業を行いました。目土散布とは葉が青くなる前のこの時期に、芝の表面や目地(すき間)に砂を蒔くことで露出した根や茎の保護、芝生のでこぼこした箇所を平らにすることです。健康で綺麗な芝にするための大切な作業となります。砂の散布量が多すぎると、葉が隠れてしまい生育が妨げられる恐れがあるので、撒く量には十分注意して行いました。