資源リサイクル事業部

recycle-mainImg
リサイクルイメージ画像

「ゴミはゴミではない、ゴミは資源である。」サピックス資源リサイクル事業部の根底に流れる考え方です。

年々増加する産業廃棄物は、不法投棄や埋め立て処分場の限界から、自然や生活環境への大きな負荷となっています。 カンやビンのリサイクルは一般に浸透しつつありますが、最終処分場に直行する産業廃棄物が決して少なくありません。

サピックスではそれらを捨てるのではなく、どうすれば「再生品」として有効資源化し、社会に循環していけるかを常に考え実践しています。独自のアイデアと技術、行動力で次のリサイクルへ。 その思いは誰にも負けません。

また、サピックスでは、社会貢献の一環として、2006年から障がい者の就労支援を行っています。

ゴミ処理の流れ

資源リサイクル事業部では、許認可制のもと、一般廃棄物の収集運搬・再生事業、産業廃棄物の収集運搬・中間処分を行っています。
中間処分・再生事業では、これまで焼却・埋め立て処分されていた廃棄物を、何らかの形でリサイクルするという姿勢で取り組んでいます。
最新の機械と人の手による徹底した分別、処理、独自のノウハウを確立し、取り扱い量の90%※近くは循環資源として出荷されています。(※一般廃棄物の可燃ゴミは除く) また、収集運搬、処分・処理においては、廃棄物処理関係法令の遵守とISO14001に基づく環境負荷の軽減を考慮し業務を行っております。

ごみ処理の流れイメージ画像
ごみ処理の流れイメージ画像

解説

  • *1 工作物の新築・改築・除去によって生じた物。出版・製本・印刷物加工業に係るものに限る。
  • *2 工作物の新築・改築・除去によって生じた物。木材・木製品の製造業。流通における運搬資材に係るもの。
  • *3 木綿くず・羊毛くず等の天然繊維くずで、工作物の新築・改築・除去によって生じた物。
  • *4 天然ゴム。
  • *5 工作物の新築・改築・除去によって生じたコンクリートくずを除くコンクリートくず。廃石膏ボード、スレート。
  • *6 工作物の新築・改築・除去によって生じたコンクリートくず、アスファルトくず。
  • *7 各種製造工程から出る泥状のもの動植物性原料使用工程の排水処理汚泥。無機性汚泥。生コン残さ。
  • *8 製造業における原料として使用した動物・植物に係る固形状のもの。

価格表

車両 料金
軽トラック 15,000円~
750キロ 20,000円~
2トン車 25,000円~
3トン車 35,000円~
4トン車 50,000円~

※上記金額は、品目ごとに分別されている状態での金額で、混載状態での金額ではありません。

※家電リサイクル対象品及び処理困難物及び特殊な回収作業は別途料金となります。

※時間指定等の付加サービスについても別途料金となります。